×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ご飯を炊く水にこだわる

おいしいご飯を炊くには、お米をつける 水 も重要です。

ご飯の65%は水分 水 で ご飯の美味しさ が変わる!

炊き上がりのご飯の65%は水分と言われています。

とすれば、どんなブランド米を使ったとしても、水がまずくては美味しいお米にはなりません。

あなたの家庭では、ご飯を炊くときにどんな水を使っているでしょう?

もし水道水をそのまま使っているなら要注意。

水道水には殺菌のために「カルキ」が入っているのですが、
このカルキが入った水でご飯を炊くと、臭いにおいがついてしまいます。
これでは美味しいご飯にはなりません。

家に浄水器を取り付けるか、もしくはカルキを抜いた水を使いましょう。

簡単!カルキ抜き水の作り方

水道水に含まれるカルキを抜くには、

水道水を鍋に入れて、フタをせずに5分間沸騰させる。

あとは冷ました水を使います。

たったこれだけで、簡単にカルキが抜けて、香ばしい匂いのお米ができあがります!


まもなく仕上げ! 炊飯器のスイッチを入れたら・・・
追い炊き・蒸らしでワンランク上のご飯にへ。